2017.09.29 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.09.02 Sunday

そして、おフランス。


夏休み〆は、
フランス、オペラ座(笑)
劇団四季のオペラ座の怪人。
  
数日前に座席見てたら、11列目(実質9列目くらい)の
端っこが2席空いていたので、
部活も塾もなかった、マオと観劇。

私は、数年前に観ていらいの2回目、
一回目は、何も知らなかったので、
終わり方も、え?という感じだし、
終わったあとに、CDや、映画などなどで
舞台の記憶が蘇るという・・思いをしていたので、
今回は、万全!楽しみ。
が、目の前に、デカイカップルが座り、アタマがジャマ。
しかも、その女子の方が、前のめりになったりする、
舞台が全部隠れて見えない!
皆さん、舞台を観る時は、背中をつけるが鉄則ですよ!
そんなんで、一幕の間は、私の首も疲れるし、
ロンドンの特別公演のDVDの豪華さを何度も観てしまっているからか、
なんだか、さっぱりに感じてしまい・・(笑)

2幕では、前列のカップルの男女が入れかわり、私の前が男性だったので、
大きいけど、つまらないから、寝ているのか、一幕よりも見やすい♪
大好きなマスカレードの始まり。
やっぱ、ココでしょ。
マントの使い方、猿、見所満載。

ファントム 佐野正幸
クリスティーヌ 高木 美果
ラウル 鈴木涼太
カルロッタ 浅井 美波

クリスティーヌの声質は好き。
ふわふわしている高い声は苦手なので、
声質が高音でも変わらないのは心地よかった。
佐野さんは、私が最初に観た時に、ラウルだったのよね~
カテコは総立ち、スタンディングオベーションで、
リピーター多いからか?そこがちょっと四季っぽくもあるかな〜
と思ったけど、大盛り上がり。
舞台下のオーケストラボックスでは、観客が出ていく時に
メドレーで楽曲を演奏しているので、前まで行き、
覗きこんで演奏を聞く。
残っていた数十人で最後に拍手喝采というちょっと楽しい時間もあり、
大満足。
マオも、今まで観た四季の舞台で一番良かったと、興奮してた。

音響と全体観るなら2階!と確信したけど、
前は前での臨場感を味わえるし、座席選びは難しい!

なとなくだけど、
クリスティーヌとラウルの歌はウマイが、感情が
無いように聞こえたのは私の錯覚だろうか(笑)



2012.08.08 Wednesday

お一人様。

思い立ったら吉日。
劇団四季の当日予約を開いてみると、
S席8列目が1つだけ空いている!
時間既に11時頃だったので、
汐留の怪人は時間的にドキドキするけど、
横浜ならいける。
気分的にも気軽。
ということで、行ってきました!
 
11月11日で千秋楽のキャッツ。
これが最後かと行ってきたけど、
いやいや、ヤダーーーー!まだ観たい〜〜〜!
ココの所、前列回転席だったので、8列目が舞台から遠く感じること・・
でも、始まってみると、そんな不満もなくなり、
いつもより視野も広がって、また違う舞台に見える!
前回と違うマンカストラップだったけど、
今回も、かっこいい!やっぱ、このオス猫がかっこよくないと始まらない!
  
そして私の注目は、コリコパットの新庄さんだ。
なんていうか、目を惹く動き。
小柄なんだけど、キレがあるっつーか、
よくわからないけど、いいのだ(笑)
早水さんのグリザベラも久しぶりだった。
やっぱり涙がこみ上げてくるくらいにいい。
ジェニエニドッツの鈴木さんも元気があってやっぱりいいし、
何度見てもいい。
オーヴァチュア・・やっぱりかっこいいし。
あの体と動きとキレイなお腹から出してる音(歌)は
やっぱり感動だな〜
でも、思いっきり犬派で猫キライな人にはムカない舞台だね。
うん、ネコを飼っていれば意味わかるお話ね。
汐留の怪人はしばらくいるだろうから、
千秋楽までにもう一回・・・・行けたらいいな〜。


早水さんのメモリー。

私なんぞリピーターなのでわかっているけど、
劇中劇になるところで、
拍手で盛り上げるとことか、
ああいうのって、そういう雰囲気になってしまうのが不思議。
そして、早水さん一人でメモリーを歌い上げるトコは、
歌い終わって間はあるのに、シーーーーンとなるだけで、
拍手はおこらない。
聞き惚れちゃうから、拍手できないけど、私。
ん・・・・オモシロイ。
そして、キャッツは他の演目と違うのが、舞台と同じ高さで一体感があるってとこ。
はぁ〜〜〜

2011.11.18 Friday

CATS!


8月以来の観劇・・キャーーーーッツ!

今回は、ど真ん中の3列目。
そりゃー、悪いわけがない。
今まで見た中で一番よかった(笑)
じゃっかん残念なのがメ〜モリ〜なんだけどね、何か・・違うんだな^^;
そして、客席は半分しか埋まってないのではなかろうか。
もったいないな・・・
でも、リピーター率高いのか、カーテンコールだっていい感じだった♪

ラムタムタガーは初見の田邊さん。
ちょいスマートで硬派にも感じちゃうけど、
個人的には好き☆
高倉さん(タントミール)は間違いなくステキ♪
やはり全猫、24(25)匹が主役。
はぁ〜〜〜あっという間だった・・・

2011.08.17 Wednesday

キャッツ。


3年ぶり(?)のキャッツ。
初横浜キャッツ、
初回転席、
初お一人様観劇!

先月、友人親子にキャッツのチケットを取ってあげて、(四季の会員なので)
いいないいな・・とうじうじ。
調べていたら、3列目に空席が一つ・・・えいやっ!
ぽち。( ̄ー ̄;)
ということで、最近空席ばかりで寂しいと言われている四季の舞台へ行ってきました。
が、めっちゃ賑わってました〜
ほぼ満席では!?
子供も多くてびっくり。

回転席は、その名のごとく舞台と一緒に開演と同時に回るのです。
所定の位置につくまで、なんだかドキドキで・・
そして、この舞台の始まりも大好き。
真っ暗で猫目だけぴかぴか。

今回は全体的に今まで見たキャッツの中で一番良かった!
前から3列目っていうのもあるけれど。
臨場感ありありで、動きの振動が落ち着かないほどオチリに伝わってくる、
ガン見、生声聞こえるし。
毎度のことですが、同じ人間とは思えない・・猫だし(笑)

結局、私はストーリー云々じゃなくて、
歌と踊りといっぱいと一生懸命が好きなわけで、
そんな「好き」な内容からいうと、キャッツがぴったり。
キャッツってセリフ無いもんね。
歌と踊りとアイコンタクト(?)だけで進行していく。
しかも、大勢で歌う踊るが多い(笑)
歌詞の内容が何であろうと、日本語じゃなくても、
良いか悪いかは私の体(キモチ)が
どう反応するかだけなのですよ。ハハハ。
続きを読む >>
2011.05.15 Sunday

休日。

私なら好きそう!だからと近所の友人に誘ってもらったツアー。
田崎真珠とクレジット会社カードが提携しているらしい、
「ザペニンシュラ東京でのアフタヌーンティーと劇団四季/マンマミーア」
もちろん行くざます♪
ちょっと早めに銀ブラでもしながらと出たのに
あっという間の集合時間。
TASAKIでの、商品説明やお買い物。
やだ・・どうする?1時間も二人に一人の接客がつくよ・・
何も買えないよね・・
余計な心配だった。
あっという間に1時間。
一番最後に店を出て用意されているタクシーに乗り込むアタシ達(汗)。
  
タクシーなんて何年ぶりに乗ったんだろう?
去年の夏の合宿で乗ったか・・
歩いても10分の場所をタクシーで♪
ペニンシュラに到着。  

  
ロビー。
混んでます。
びっくり。
席に通されお茶の時間。
ピアノとコントラバスの優雅な生演奏を聞きながらのお茶。

   
3段、おふたり様用のアフタヌーンティーセット
お腹をすかせていた私たち、
こんなのぺろりよ〜♪
と出だし好調・・

   
5穀米だかが入ったパンのサンドイッチ(サーモン入ってました)
枝豆のスープ、
春キャベツとコーンのキッシュ、
揚げてあるパンにチャーシューが挟まってるもの。
スコーンはプレーンとレーズンに、
クロテッドクリーム、ラズベリージャム。
クリームはおかわりしちゃった♪
どれもおいしいっす。
  
   
ケーキだけでもひとくちサイズといえと、5個。
戦略ミスかもしれません。
2個残しました。こっそりお持ち帰り^^;

その後、またタクシーにて、汐留にある劇団四季「海」へ。
マンマミーア鑑賞(2階5列A席(中央))
いい席です。
サムが少々残念・・・(笑)
久しぶりの観劇で、すごく楽しい〜〜〜!
やっぱり、いいな、歌と踊り♪

こんだけ盛りだくさんでいい思いさせてもらって、
観劇A席価格でお釣りがくるツアー料金!
すごいでしょぉ〜(笑)
優雅な休日♪

でも、あんなに空席があったのは初めて。
ネット予約でいろいろ覗いてみたら・・
どの演目も空席が多くてシンパイ・・(*_*;

何度見てもおもしろい。
ライオンキングウェブシアター
キャッツもいいyo!
2010.12.16 Thursday

ミュージカル 『coco』


鳳蘭主演、ココシャネルの半生。
kanaさんと観てきましたよ〜♪
前菜とパンとコーヒーがおいしければいいです(笑)
とりあえず、
ランチ。
有楽町駅近くのイタリアン。
欲張って、おすすめのゴハン系を頼んだんですが、
パスタがいいかもです。
ハイ。
でも、前菜の盛り合わせは見栄えもよく満足満足〜


動画でもこの迫力、生はほんとすごい。
やっぱり、主要キャストが豪華だもの、
半端なく心に響きます。
単純な言葉だけど、感動しました〜
中でも、
cocoの幼少時代のシーン。
いくつなんだ?っていう鳳蘭が、子供に見えてくる。
自分が怖くなってくるほど、びっくりするほど、子供に・・
ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε= ヒイィィィ!!!!( ̄⊥ ̄ノ)ノ
そして、その父役の方の歌のうまいこと。
歌詞がどーの、シーンがどーのじゃなくって、
涙が出てくる声。(たぶん、そこらじゅうの客席の女を泣かせたなっ。)
オペラ座の怪人で怪人やらせたいタイプ。←他を知らない・・。
しびれちゃう☆(笑)

衣装もお見事だし、大満足な舞台です。
もう一回みたら、もっと入りこめるんだろうな〜
終り頃になって、ようやく役の名前がわかってくるくらいだから(汗)

あ〜〜贅沢な一日だったぁ〜〜〜♪

2010.08.27 Friday

おおとり。


夏休みのラストイベント、劇団四季『美女と野獣

四季は久しぶり!
7月終わりみなとみらいホールの
オルガン(パイプオルガン)1ドルコンサート
8月始めに、神奈川フィル青島広志
子供のための音楽会」には行ってます♪

そして、
ひっさしぶりに、頭がビリビリ〜〜〜っで、ゾワ〜〜〜って体が反応!(笑)
maoは、これが一番とか言ってるし(^^ゞ
ショーとして、ちょー華やか!
ミュージカル、エンタメの王道中の王道!って舞台(笑)
ストーリーを知らないし、
2曲くらい知ってる曲がある程度な私と娘。

一幕の「Be Our Guest」。
これか〜〜〜!これなんだ〜〜〜。もぉ感動です。
結局、華やかな舞台で、大勢で踊ったり歌ったり、
そして聴かせる熱唱系のソロがある。
そんな基本がそろっていて、
レベル高ければ私たちは単純に感動なのです(笑)
(舞台の場合、その日により、出演者の状態がイマイチなこともあり、
その辺もね、がんばってチケとってる身分としては賭けみたいでドキドキ)

今回は夏休み中、私たちの席は、S席/2階/1列で、
ファミリーゾーンに指定され小学生までは格安料金が設定されてます。
その為、そこらじゅうに子供!(ほぼ満席だったと思われ)
でも、この子供たちが多いから、
舞台の面白いところは、大笑いがおき・・
劇場全体が一体化していた雰囲気もあってすっごくよかった。
大人が多いとここまで反応ないでしょ。

ウィキッドを思わせるようなとこ、
クレイジーフォーユー的な振り付け・・
キャッツのミストフェリーズ!?
コーラスラインか!?
そんなおいしいとこどりなような感じもしなくもなく(笑)

衣装も豪華、早替え、一発勝負の舞台、やっぱり面白い。
子供料金使えるうちにもう一回観に行きたいな・・。
あ〜リフレッシュ♪
個人的には、『タンス夫人』がツボでした(人 ̄  ̄).☆.。.:*・°
---------
you tubeをはめ込んだら、枠がはみ出してしまったので
ちょっといじってみました。
画面表示がおかしかったら、
アドレスバーの横にある(更新↓↑の左側)紙が破れたようなのをclickしてみたください。
適当に処理してくれるようです(^^ゞ
2009.11.22 Sunday

なるほどね。


花金の夜、行ってきました。
ディズニーオンクラシック2009 here!!

携帯の夜景モードにて。けっこう撮れてる!?

ネタバレあるので、これから行かれる方は、この先(続き)ご注意を(笑)

今回のメインは、パイレーツオブカリビアンと、ライオンキング。
それがクラシック・・・そんな単純な理由で子供も楽しめそうとチケを取っただけで、
予備知識も何もなし。

ステージがいきなり、こんな派手、あれれ!?です。
ホールの音楽も、エレクトリカルパレード。
知らないとはいえ、なんだか違和感。

そして、演奏が始まって、
何か違う・・

違和感その1.
ステージが真っ暗なのだ!
で、各譜面台に、ライトがついていて、ステージバックから、
光?なんていうの、そういう光線が出てきたり、映像が映ったり。

違和感その2
音響!
あまりにもきれいすぎ・・・最高級のスピーカーで聴いてる音。
マイクが天井から・・・各所に。
ドラムや、パーカッションなどの前には、クリアなパネルまで置いて、
音の乱れ?をなくしてる。

なるほどね、ディズニーだね〜なんて思いで第一部の最後の曲、
パイレーツオブカリビアン。


続きを読む >>
2009.08.07 Friday

ヒロシです。

 本日のイベント。

どものための音楽会
(神奈川フィルハーモニー管弦楽団)(click

別名、ブルーアイランド・・・の
青島広志氏click)の指揮とお話。
ご存じの方も多いと思うけど、
そのヒロシでございます(*≧m≦*)ププッ

れがね、なんと前から二列目のど真ん中!!!!!
ヒロシ目当てと思われてもしょうがない位置。
すぐそこにヒロシ。
そして・・
ソロ・コンサートマスターといわれる石田泰尚氏(click)も目の前。
この方、いでたちが・・目を惹きます。

の開き方はヤ〇ザ並み、
指にはキラキラの指輪が数個・・手首にも・・
靴はエナメルの先がとがったタイプ。
肩の広いダブルのスーツ(?)
髪は茶髪(金髪!?)
予備知識のない私は、釘付け!(*≧m≦*)ププッ

も、なんていうか、素人の私が聴いても
いい音、いい感じなのよ〜
なんてたって、2列目だから
ビオラ、バイオリンの数人は
どの人が弾いてるか単品で聞きとれる。(と思う)

して、その石井氏のソロ。
ビバルディの「春」と「夏」。
誰もが知ってる曲。
私だったらわざわざ聴こうとは思わない・・
あまり好みではないってことなんだけど。

テキ〜〜〜いい曲やぁ〜〜〜〜〜〜!!!!
この感動に自分でもびっくり。
生で聴いてるせいもあるけど、感動だった。

その他の演奏曲も、すべて知ってるモノばかり。
しかも、青島氏の解説がめっさオモロイ!!わかりやすい!!

イドンという作曲家が休みが欲しいのに中々休暇をくれない王様に作った曲・・

交響曲第45番「告別」第4楽章(click)後半部分が楽しいです。

オケの人が一人、二人・・・と消えていくのです。
最後は真っ暗・・なんて楽しい曲もあったりで、
大人にもかなり楽しい演奏会でした〜。
大人のほうが楽しいかも(*≧m≦*)ププッ


「子どものための」ってあるので、
大人の演奏会とは違います・・子供達の騒ぐ声が聞こえるかもしれません・・みたいな
注意書きがチケとるときにあったんだけどね、
やっぱり、2歳・・位の子ってどうにもぐずるよ・・・
出て行こうとしていた母子に、舞台の上から青島さんが、
「おかーさん、出ていかなくていいのよ、子供のためのなんだから!」って・・・
何度もそんなこと言ってました。
黙らせるんじゃなくて、隣の母も騒ぎなさいと(笑)←騒ぐというのは、舞台に注目させるような問いかけをしてみたり話ていいのよと。
「大丈夫、私たち(団員)は負けないわ!」って〜〜笑えます。
子育て論的な一面も。←これも笑えるように話す。
でもね、いくら「子ども」とはいえ、
連れていくのは、やっぱり3、4歳からじゃないのかな〜と個人的には。
なんでも、8月の22,23日と大人1000円でその子供は何人でも無料ですっていう、
舞台(演奏会?)をやるらしいの。←青島さん。
この人ってすごい人なんだよね、とっても。
それなのに、音楽は楽しいよ〜〜ってヒシヒシと伝わってくる。
神奈川フィルもだけど、クラッシックを庶民的に聴かせてくれる感じかな。
ありがたいね♪

しぶり。
やっぱり、いいな〜舞台(音楽)も♪




2008.10.26 Sunday

55STEPS。


*本文と画像は何の関係もございません( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ
コーヒー入れるとさらに重くなり・・日々鍛えられそう!

昨日は、劇団四季の 55STEPS  を観てきました〜

色々なミュージカルのいいとこどりの 歌とダンス(SONG & DANCE)

ヴォーカルパート
*福井晶一
*高井治
*田中彰孝
*井上智恵
*早水小夜子
*花田えりか

ダンスパート
*脇坂真人
*岩崎晋也
*西尾健治
*松島勇気
*高倉恵美
*坂田加奈子
・・・他の皆様(私がすぐに顔と名前のわかる方明記してみました(゚m゚*))

ベテラン組が終結していると思われ、
「歌」なんて、その人がやらない「役」の歌も、
すごく・・なんだろうな・・自分のものにしているというか、
やっぱりスゴイ。
ライオンキングのナラが歌う、シャドーランドを、
花田さん(高原で麦わら帽子に水色のワンピースのイメージ)が歌ったのですが、
これが。。。
普段は、すっごくかわいらしい♪声で、
ナラのイメージはまったくないけれど、
新鮮でよかった〜♪

いい声、いい歌は、ずっと聞いていたい。
(ただし、あまりにも眠い日で、知らない静かな曲のソロは睡魔が襲ってきました・・( ̄ー ̄;))

「ミュージカル南十字星」から「バリの舞踏」などもあり
楽器も演奏し、歌い踊る・・
なんでも出来るようにならないといけないのね〜。

ダンスのソロ、ダンスだけも多々、
これはこれで、人間そのものの肉体が、美となり、
同じ人間として、まったく違う種類で、かっこいい〜〜〜!

今回は、かなり上の中央からの観劇だったので、
団体での動きがすごくよくわかって、
キレイだったな〜〜♪
(2階6列 18番・19番 B席)

でも、もう少し近くでみたい(笑)

Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
                
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
PR
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM