<< モロッコ、イギリス、タイ、名古屋。 | main | はと。 >>
2012.09.02 Sunday

そして、おフランス。


夏休み〆は、
フランス、オペラ座(笑)
劇団四季のオペラ座の怪人。
  
数日前に座席見てたら、11列目(実質9列目くらい)の
端っこが2席空いていたので、
部活も塾もなかった、マオと観劇。

私は、数年前に観ていらいの2回目、
一回目は、何も知らなかったので、
終わり方も、え?という感じだし、
終わったあとに、CDや、映画などなどで
舞台の記憶が蘇るという・・思いをしていたので、
今回は、万全!楽しみ。
が、目の前に、デカイカップルが座り、アタマがジャマ。
しかも、その女子の方が、前のめりになったりする、
舞台が全部隠れて見えない!
皆さん、舞台を観る時は、背中をつけるが鉄則ですよ!
そんなんで、一幕の間は、私の首も疲れるし、
ロンドンの特別公演のDVDの豪華さを何度も観てしまっているからか、
なんだか、さっぱりに感じてしまい・・(笑)

2幕では、前列のカップルの男女が入れかわり、私の前が男性だったので、
大きいけど、つまらないから、寝ているのか、一幕よりも見やすい♪
大好きなマスカレードの始まり。
やっぱ、ココでしょ。
マントの使い方、猿、見所満載。

ファントム 佐野正幸
クリスティーヌ 高木 美果
ラウル 鈴木涼太
カルロッタ 浅井 美波

クリスティーヌの声質は好き。
ふわふわしている高い声は苦手なので、
声質が高音でも変わらないのは心地よかった。
佐野さんは、私が最初に観た時に、ラウルだったのよね~
カテコは総立ち、スタンディングオベーションで、
リピーター多いからか?そこがちょっと四季っぽくもあるかな〜
と思ったけど、大盛り上がり。
舞台下のオーケストラボックスでは、観客が出ていく時に
メドレーで楽曲を演奏しているので、前まで行き、
覗きこんで演奏を聞く。
残っていた数十人で最後に拍手喝采というちょっと楽しい時間もあり、
大満足。
マオも、今まで観た四季の舞台で一番良かったと、興奮してた。

音響と全体観るなら2階!と確信したけど、
前は前での臨場感を味わえるし、座席選びは難しい!

なとなくだけど、
クリスティーヌとラウルの歌はウマイが、感情が
無いように聞こえたのは私の錯覚だろうか(笑)



2019.05.09 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
                
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
PR
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM