<< 箱根方面 | main | 載ってます >>
2019.05.09 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.08.17 Saturday

続、箱根方面

大涌谷から、
湖尻探勝歩道なる散策コースがあり、
ロープウェイの次の駅の姥子、その先も歩ける。
行こう行こう!とすすむ。

涼しいし、楽しいし、人いないし、最高です。
順路ってかいてあるから↑みたいな脇道にそれてみた。

しばらく歩くと
ロープウェイの下に出る。
そして、眼下に広がる樹木と芦ノ湖!
最高の景色に出会う。
このまま道なき道をすすんでしまうと、
途方にくれてしまいそうなので
分岐点まで戻ってまた歩く。

「流山」「弘法の硯石」なども見つつ、歩くと
金太郎の岩風呂の看板が。
看板の字体も何か不思議。
そんな看板に導かれるように、
細い木柱を渡しただけのような小さな橋を渡ると
そこには古い建物が・・・
資料館なのか、宿なのか、なんなのか・・
キレイに掃除され、整備されているが人の気配がない。
すると、
白いワイシャツに黒いスラックス、手にはお盆だったか、
タオルの山だったかを乗せた背の高い細身の紳士が
とても丁寧な口調で声をかけてきた。
(この時点でゾゾゾゾ〜〜〜と鳥肌!物語の世界を想像して一人ワクワク(笑))
『ご休憩ですか?』

ココは何なのか聞くと、日帰り入浴施設だという。
4時間、浴衣、タオルがついて休憩出来る。
汗もかいたし、お世話になることにする。
観光地の喧騒とは違ってシーーーン。

丁寧に説明してくださり、
建物にも感動しながら、
通された部屋が、

*友人撮影
行き当たりばったりで、
山中巡り巡って出会った館が、
こんなんで非現実的だから、
もう、気分は、注文の多い料理店の客!(笑)
想像し過ぎ!と言われるも、
楽しすぎる。
ここは、

「秀明館」

風呂も感動ものです。
中庭も感動です。

ギボウシが咲き乱れ、風呂あがりに外ベンチで浴衣で涼む・・・

風呂までの廊下から撮影。

誰もが利用出来る休憩室もあり。
風呂は露天でもないし、広くもない。
でもいい!

帰りのロープウェイから、赤い屋根が秀明館を見る。
私達、この山を歩いて辿り着いたんだ。
が、姥子駅から徒歩数分。
大きな通りもすぐソバでした(笑)
普通に大涌谷から歩いて35分ほど、
私達は小一時間以上・・ウロウロしていたようですが。

帰りは、箱根湯本最終19:46のロマンスカー。
ガラガラです。



2019.05.09 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
                
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
PR
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM